忍者ブログ
ステキな毎日過ごしましょ ♪     Since2005/1/10
[264]  [265]  [256]  [257]  [258]  [259]  [260]  [253]  [254]  [255]  [242
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は子供を3人産みました。
できれば4人欲しかったんです。
3人目の重度のつわり・早産になりかけた・・・
等があり、4人目はあきらめました。

1人目・2人目は小さな産婦人科で産みました。
2人目と学年で5つ離れた末っ子。
自宅で産みたいと主人に言いました。
『頼むから○○産婦人科(上の2人を産んだ病院)で
産んでほしい。立ち会うから・・・』
その言葉を信じ、末っ子を授かり、
陣痛が来たけれど・・・
よく日、主人は仕事で私についていることは
できなかった・・・。
入院した翌朝、主人を見送り
『だまされた!!』と思った。

ひとりで階段を上り下りする事数時間。
痛みに耐えられずベットへ。

末っ子との感動の対面。

でも末っ子を産んだ事を誰も知らない!!
あわてて看護婦さんに電話を借り、
主人に電話。
つながらない・・・。
家に電話。
つながらない・・・。
親戚にやっとつながり、
末っ子の出産を伝える。

なんだか情けなかった。



どうしてこんな話を書いたか・・・?

最近、我が子に手をかける人がいるから。
つらいつわりを乗り越え
出産の痛みに耐え
産まれた子供の顔を見たときの喜び。
この気持ちがあるのに
子供に手をかける人の気持ちがわからない。

何が違うんだろう?


子供がかわいい以上に
自分がかわいいんだろうな・・・。
自分しか守る事ができない子供よりも自分・・・。
あり得ない。

命の大切さを理解できない
子供のような大人が増えているのだと思う。

我が子でも、親でも、
他人でも・・・
命って人の力で絶つものではない。
もちろん自分の力で絶ってもいけないと思う。

せっかく産まれたきたのだから
幸せになって、
『産まれて良かった。また同じ人生を歩みたい』
そう思えるように生きて行きたい。

平々凡々の人生もあり。
波乱万丈の人生もあり。

どうせなら
いろいろあって成長できる人生を楽しみたい。
そして出会った人としっかりかかわりたいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
最新コメント
[12/09 ako]
[11/22 PKK世話人]
[04/28 ako]
[04/28 かよこ]
[03/23 ako]
[03/22 かよこ]
[03/17 ako]
プロフィール
HN:
ako
性別:
女性
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
SAS
BlogPet
バーコード

Copyright © ステキDays♪ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]