忍者ブログ
ステキな毎日過ごしましょ ♪     Since2005/1/10
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [31]  [32]  [33]  [306]  [261
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、長女と買い物に出かけた。
駐車場から建物に入ろうとしたら
どこかから子供の鳴き声が・・・。

横にある出入り口のほうから
小さな男の子が走って来ていた。

『かあちゃんいないよ~、おうちに帰っちゃったよ~!』って。

駐車場から道路へつながる車道を走ってきたので
思わずつかまえて話しかけた。

私『お母さんいなくなったの?』
子『車がないから帰っちゃったの』
私『僕を置いて帰らないよ、お母さん呼んでもらおうか』
子『早くおうちに帰らなきゃ!』
私『お名前言えるかな?』
子『わ~ん!かあちゃんいないよ~』

そんな調子だったので、抱きかかえて
サービスセンターへ連れて行こうとした時、
バイクに乗ったおばさんが話しかけてきた。

おば『サービスセンターへ行こうって言ったけど
   動かなかったんですよ、お任せしていいかしら・・・』
私『はい、いいですよ』

そう言ったけれどかなりむかついた。
こんな小さな子がお母さんがいなくて
必死になっているのに・・・。
動かないからと子供の手を離すなんて・・・。
目の前は車が通る道なのに!!
事故にでもあったらどうするん?

そう思いながらも
抱っこした子供に話しかけ、
大丈夫、かあちゃん来るからね。
って話しながらサービスセンターへ行った。

放送で呼び出してもらうにも名前を言わない。
幼稚園名・クラス名を聞いて年齢を聞いた。
4歳。どんなに不安なんだろう。そう感じた。

しばらくしてお母さんとおにいちゃんが
あわててやってきた。
よかった!!本当に。

サービスセンターの人に
『ずっとついててもらってすみませんでした』
と言われたけれど
私にしがみついている子供をおろして
はいよろしくね。とは言えなかったよ。

私は迷子を見ると必ず声をかけ、
呼び出しの放送をしてもらう。

これは大人のするべき事だと思う。

うちの子の場合・・・。
迷子になると、私たちを呼び出す。
恥ずかしい思いをしながら
サービスセンターで迷子になった親を
ニコニコして待っているうちの子。
もうちょっと迷子だと言う意識を持って欲しいと
思っていたけれど、
これぐらいでよかったのかもしれないな。

他人事ではなく、関われる事は
関わるようにしないといけないと思う。
お互い様・お陰さまで・いつもありがとう
っていう気持ちを持って。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
最新コメント
[12/09 ako]
[11/22 PKK世話人]
[04/28 ako]
[04/28 かよこ]
[03/23 ako]
[03/22 かよこ]
[03/17 ako]
プロフィール
HN:
ako
性別:
女性
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
ブログ内検索
SAS
BlogPet
バーコード

Copyright © ステキDays♪ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]